中分子IT創薬研究推進体 (MIDL)

情報科学を駆使した中分子創薬基盤の開発トップイメージ

中分子IT創薬研究推進体(MIDL)は、東京工業大学における独自の組織である「イノベーション研究推進体」の一つとして、平成29年9月に設置されました。

本推進体では、新たなシミュレーション技術や中分子設計手法を開拓し、実験研究者と密接に協力して、中分子創薬の開発現場における実証評価を進めています。また、本学が保持するペプチドや核酸の優れた合成技術に対して、情報技術からの支援を行い、中分子創薬における実用化を目指します。

詳細はこちら

ニュースニュース一覧へ

2018.05.23

東京工業大学と川崎市は2018年5月21日、イノベーション(技術推進)に関する連携協定を締結しました。

2018.01.16

中分子IT創薬研究推進体のウェブサイトが刷新されました。今後ともよろしくお願い致します。